<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

高田馬場「実の里」でミャンマー カチン料理

昨日は恒例のアジアごはんの会。

今回は「マリカ」「ミッチーナ」に続く
高田馬場のミャンマー、カチン料理「実の里」に突撃です。
「ミッチーナ」の通りをはさんで向かい側にあるお店です。

メンバーは総勢13名。
貸し切りでもないのに小さいお店はほぼ満員状態です。

いつものようにテンション高く、席につくなりメニューを丹念にチェック。
抜かりなく楽しむ所存です。

で、分かる範囲で今回オーダ—した料理たちを紹介いたします。


1品目
e0207505_170451.jpg
ウェッウチャウンチョー
(ミャンマー風ソーセージ)

いわゆる腸詰めです。
比較的脂っぽい感じですが味付けはあっさり味。
中華っぽい八角などのスパイスの風味が効いています。甘め。


2品目
e0207505_1742548.jpg
ミャンマー語不明
空芯菜炒め

アジアでの定番青菜料理。
香港、台湾、タイ、ベトナムなどなど各国で愛されている料理です。
ここの空芯菜炒めは煮干しっぽい魚の風味が特徴的。
ナンプラーなどの魚醤タイプとひと味違って美味しい。


3品目
e0207505_17103526.jpg
セイッターチャウトゥ
(干し山羊の和え物)

ミャンマー料理の定番なんでしょうか、
以前の「マリカ」「ミッチーナ」でもいただいた干し山羊和え物。
甘めの干し山羊とタマネギの相性は抜群!肉の臭みは全くナシ。
噛めば噛む程美味しい味が口に広がり、ニンニクの香とあわさって最高。
ビールが進みます。


4品目
e0207505_17122612.jpg
ガーチャウチンサットゥ
(干し魚の和え物)

3品目チャウトゥのお魚バージョン。
干し魚の方があっさりとしていて優しい味に感じます。こちらも旨い。


5品目
e0207505_17223335.jpg
ミャンマー語不明
(豚肉の角煮)

八角が効いていて濃厚ながらとても柔らかくジューシー。
結構、中華料理っぽい味付けです。


6品目
e0207505_17243326.jpg
ワッターチンサットゥ
(蒸し豚バラ)

見た目脂身にビビりますが
全く脂っこくなく、どちらかというとあっさりとした印象。
豚の旨味がしっかりとしていて、ハムのそれに近い感じ。
ピリ辛のネギ唐辛子ラー油ダレも抜群。


7品目
e0207505_17302820.jpg
トウフーピュアッサ
(豆腐サラダ)

6品目ワッターチンサットゥの豆腐バージョン。
名前のイタリアンさがなにげにツボりました。
見た目どおりのお味。


8品目
e0207505_17334973.jpg
ミュンマー語不明
(魚の煮物)

魚のぶつ切りを色んなスパイスで煮た料理。
骨が多いので注意が必要です。
メニューに無い料理。ごはんとの相性◎


9品目
e0207505_17371524.jpg
ラペットゥ
(お茶の葉サラダ)

大定番の一品!ミャンマー料理と言えばコレ。
欠かせないメニューです。
他店よりもお茶の味が利いて、ひと味違う感じです。
やっぱりおいし〜。


10品目
e0207505_17413232.jpg
アメーウトゥ
(牛内蔵の和え物)

ピリ辛な味付けに、キュウリとハチノスの食感のハーモニー。
間違いないです。ビールも旨い!!


11品目
e0207505_17432832.jpg
ワッターミッチンヒン
(豚とたけのこの煮物)

今回のお気に入りナンバーワン。
筍の風味がとても美味しい。ほんのりとした甘みある煮汁が格別でした。
レシピが欲しい。。


12品目
e0207505_17474952.jpg
トーフーノェー
(ひよこ豆とろとろスープのヌードル)

黄色いどろっとしたのがひよこ豆をペースト状にしたスープで、
かき混ぜて頂きます。見た目はかなりカルボナーラ。
味はあっさり、豆の風味が美味しいです。
麺が柔らかくあっさりとした味なので、飽きやすい味かもしれません。


13品目
e0207505_17545611.jpg
ミャンマー語不明
(春雨麺)

あっさりとした、どことなく和風な味付け。おでん風。
春雨好きにはたまらないとろっと感。
砕かれたゆで卵がやはりおでんっぽい。


14品目
e0207505_17582925.jpg
トウフーチョー
(ひよこ豆豆腐揚げ)

こちらも定番の豆腐の揚げ物。
かりっとした衣の中にはクリーミーな食感の豆腐が。。
ひよこ豆で作った豆腐はミャンマーならでは。旨い〜


食べに食べて14品。
途中お店のご厚意でメニューに載っていない料理を出していただいたり
「足りないでしょ?」とサービスで一皿つけていただいたりと、有り難いサービス多数。

毎度ミャンマー料理店に行くと思うのですが、
ミャンマー料理は美味しいということだけではなく、
ミャンマーの方々の優しい人柄にも触れることも楽しみの一つなんですよね。

あ〜、今回もほんとに大満足。
有り難いミャンマー料理でした。


e0207505_18232244.jpg
[PR]
by kanoie | 2011-05-29 18:28 | アジアツアー

甘夏酒仕込み   【奥】

甘夏ネタ第2弾は果実酒です。

人生初の果実酒づくり。

うまくできるかどうか心配ですが・・・。

材料
・甘夏3個
・レモン1個
・氷砂糖 150g
・ホワイトリカー900ml

この分量で2リットル瓶に丁度よいかんじでした。


e0207505_1143125.jpg

瓶・フタは洗ったあと乾燥させ、ホワイトリカーを染み込ませたキッチンペーパーで拭く。

甘夏はきれいにタワシで洗っておく。




e0207505_11435423.jpg

甘夏の実は3個分。

横4等分にスライス。見えるとこの種は取り除く。

甘夏の皮は1個分。白いワタがたくさんついていると苦くなるらしい。

レモンは2等分。今回は皮があまりキレイじゃなかったので皮剥き済み。種除く。

ビンに氷砂糖・甘夏の実・レモンを交互に入れる。

最後、一番上に甘夏の皮を入れる。(1週間後に取り出すため)




e0207505_11442846.jpg

ホワイトリカーを注いで冷暗所へ。

仕込み終了!!



これから先の作業工程は・・・

1週間後に皮を取り出す。

皮を入れっぱなしにすると苦〜くなるそうです。

2ヶ月くらいで実を取り出す。
(この時にさらし等で濾して瓶詰めし直す、というやり方もあるようです。)

さらに3ヶ月〜熟成。



さてさて、どのような甘夏酒ができあがるでしょうか。

楽しみです。
[PR]
by kanoie | 2011-05-28 12:13 | 手作りレシピ

弁当失敗   【奥】

e0207505_141967.jpg

今日の弁当

・シメジと青梗菜の和え物
・鶏トマトソース煮
・桜えびとネギの卵焼き
・人参きんぴら
・大根葉ふりかけイリコふりかけごはん
・黒豆


何が失敗かと言うと、

トマトソースを弁当箱に直に入れるという・・・



あぁ、これはダメージ大。

きっと弁当箱がトマト色に染まって帰ってくるでしょう。

漂白しても落ちないのでしょう(涙)

漂白剤にも負けないトマト色素の威力、どんだけ強いのかと。。




そして


失敗してショックを受けている私をちょっと離れたところから見るウサギの図。


e0207505_1420167.jpg







なにやってんの














普段は足元チョロチョロしてうるさいくせに、このときは遠くから冷静に見てらっしゃいました。

失敗したとこ見られてくやしいから「見てんじゃねーぞ」とばかりにカメラを向けてパチリ。

すると思いがけずかわいく撮れて

「ぎゃぁぁぁ  かわいいっ!」

と絶賛。

私が撮って私が絶賛です。

今日も朝からひとしきり親バカ騒ぎしました。
[PR]
by kanoie | 2011-05-27 14:30 | ごはん

弁当  【奥】

----------------------------------------------------------------------------------------
今日は、普段このブログの中で「奥さん」と呼ばれているワタクシが書いてます。
もうお気付きかもしれませんが、
そのような場合にはタイトルに【奥】とつけることにしました。
奥さんマーク。
----------------------------------------------------------------------------------------

インターネットで色んなニュースやら話題を見ている中、
弁当に関する記事があり、その中で「弁当ブログ」とでも言うのでしょうか、
そういうのをいくつかピックアップして紹介されてたので見ました。

感想。

皆さんマメ!すごい!
おかずの盛り方?詰め方?もキレイでとてもおいしそう。
そして毎日ブログにアップされてるのもすごい。

それに比べて我が家の弁当はなんとも色気やかわいげがナイ気がしますが、
ま、私なりの精一杯ということで。。
恥ずかしげもないことですが、たまにアップしていこうかと思います。


e0207505_15411411.jpg



昨日今日の弁当は写真を撮っていなかったので、先日のものですが・・・

・干しズッキーニと干しえのきのガーリック炒め
・半熟煮卵
・いんげんとアスパラの生ハム巻き
・プチトマト
・おから
・煮豆

えのきは干す一手間を加えるだけでこんなに変わるのかと驚きます。
噛めば噛む程旨味が出て本当においしい。
今回のエノキは室内で1日、外で1日干したので結構乾いてます。
ズッキーニは外1日。
オリーブオイルでニンニク香り出して、ベーコン細切り炒めて干し野菜を炒める。
これだけ。
シンプルでとてもおいしいです。

プチトマト。
お弁当に便利だな〜と最近よく思います。
ひとつ入れるだけでちょっと明るくなるというか、かわいこぶれるというか。
かわいいもの(うさぎ以外で)にあまり縁がない私としては、
これだけでちょっとテンションがあがります。

いつか弁当ブログの皆さんのように華のある弁当を作れるようになるかなぁ。

e0207505_15413338.jpg

[PR]
by kanoie | 2011-05-24 15:55 | ごはん

佐世保の甘夏みかんと手作りジャムの作り方

e0207505_1018861.jpg


佐世保で収穫してきた甘夏みかんです。
先日購入したばかりのイッタラのボウルで涼やかに。

果汁たっぷり、甘酸っぱくてとてもおいしい。
適度な苦みがまた格別。

沢山収穫できたので
そのうちの数個を送っていただきました。
数個と言ってもその数20個。

全部消費するには時間がかかりそうなので、
奥さんにお願いして保存食化。

第一弾は甘夏ジャムです。

e0207505_113438.jpg


写真は煮沸消毒後の粗熱をとっている
瓶詰めの自家製ジャムの図。

作り方はいろいろネットを参考にしたそうです。
今回のレシピはこちら!

〈材料〉
甘夏(今回は3個)
砂糖 甘夏の重量の60〜70%(今回は500gくらい)
水 適当(今回は300ccくらい)

(1)
甘夏は表面をタワシできれいに洗い、
ワックスぬってあった場合はお湯をかけて落とします。
甘夏の皮は千切りに。実は袋から取り出します。

(2)
千切りにした皮をボウルに水をはってジャブジャブと洗います。水を替えて3〜4回程。
洗い1回目に油が浮くのは柑橘類そのものから出る油とのこと。
いわゆるフルーツワックスというやつですね。

洗ってるうちに、皮の内側と白い部分が透き通ってきます。
そのままでも食べれる苦みかな、というくらいを目安に洗うと良いとのこと。

(3)
洗い終わった皮と、剥いた実を鍋に入れ、
実に皮をこすりつけるようにモミモミして1時間ほどおいておきます。
鍋は酸に強いホウロウかステンレスがベスト。

(4)
水をひたひたまで注いで中火で煮ます。
沸騰したらアクを取りながら弱火で。
皮が柔らかくなるまで煮たら、
砂糖投入。

木ベラでさっくりと混ぜながら、煮ていきます。
好みの固さ、ゆるさになるまで煮たら出来上がり!
(冷えると固くなるのであまり煮詰めすぎないほうがいいようです。)


ラベルを作れば売り物みたいになりそうです。

ヨーグルトに入れて食べてみましたが、
優しい甘さでとっても美味しい。
奥さん、ありがとう!

近々、甘夏タルトも作って頂けるようです。

たのしみ〜。
[PR]
by kanoie | 2011-05-21 12:18 | ごはん

宇久島の鯛めし

この日の夕飯は宇久島土産の「鯛めし」です!
お義姉さんからお土産としていただいていたのです。

e0207505_23512091.jpg


中身はモチ米と鯛、タケノコ、出汁のセット。

先日、炊飯器が壊れてしまったので、
最近のごはんはいつも土鍋炊き、

というわけで、今回の「鯛めし」ももちろん土鍋で炊飯です。
こなれた様子の奥さんに炊いていただきましたよ。

土鍋で炊くごはんはとても美味しい。
手間がかかっているだけに、まさにひと味違う感じです。

モチ米を混ぜて炊くので、ごはんはモッチリな仕上がり。
鯛の身もふっくらホクホクとして食べごたえバッチリ!
とてもレトルトのようには思えません。

e0207505_23522791.jpg


これはうまい。

身をほぐしながら、ふんわりとかき混ぜます。
何とも鯛と醤油の香ばしい良い香り。
たまりません。。。

海苔をトッピングして磯の香をさらにプラス。完璧な出来上がり。
おからとお味噌汁とともにいただきます。幸せ〜。

e0207505_2358690.jpg


この「鯛めし」は物産展などでも出品されることもあるそうなので、
見かけたら是非お試しあれ。損はしませんよ。
[PR]
by kanoie | 2011-05-20 00:01 | ごはん

夕飯はちゃんぽん

e0207505_8325577.jpg


昨夜の夕食は、
相変わらずの美味しさ、ちゃんぽんです。

やっぱり美味しい〜。

コレも帰省の名残。
向こうのスーパーで買って来たちゃんぽん麺を使っています。
奥さん作。

やっぱり、ちゃんぽん麺は
地元のものに限ります。

東京でも一度買ってみたんですが、どうも何かが違う。
ちゃんぽん麺というよりは太めのラーメンといった感じ。

結構残念な感じでしたので
それ以来、こちらでは買っていません。

やっぱり、ちゃんぽんに対する「愛」の違いなのでしょうか。。

ちゃんぽんLOVE
[PR]
by kanoie | 2011-05-17 08:46 | ごはん

通常営業に戻ります【奥】

e0207505_8451693.jpg

GW終わって1週間が過ぎ、今週からやっと普段通りの生活に。

ということで、今日の弁当
・シュウマイ
・卵焼き
・シシトウタコジャコ炒め
・ミニトマト

シュウマイは昨夜の残り物。
餃子はよく作るけどシュウマイは考えてみると初めてでした。
お味のほうはと言いますと、味濃すぎ、コッテリしすぎ・・・
失敗の部類に入るかな。
また次回頑張りましょう。


さて。
今日は掃除・洗濯・その他諸々、やることが山積みです。
2週間くらい家空けてたからなぁ。
気合い入れて頑張ります!
[PR]
by kanoie | 2011-05-16 10:37 | ごはん

自分にお土産、有田焼

e0207505_1404680.jpg


遅れて帰京した奥さんとともに届いた、食器たち。

有田焼卸団地にて購入してきました〜。

有田陶器市の直後だけあって
お客さんが少なかったので、ゆっくりじっくり検討しつつ見てまわりましたよ。

今回一番のお気に入りは急須。
なんといってもデザインが可愛い。
一目惚れです。
白山陶器、波佐見焼。

奥の片口になっているのは納豆食器。
内側に泡立てが良くなる様にデコボコがついています。

右のお皿は食事したお店で買ったカレー皿。
器付きカレーライスというメニューがあるのです。
どんな物か試しで買ってみましたよ。

ともかく、卸団地の良いところは
なんと言っても安いこと。
ほとんどの商品が市場価格の3割引なんです。

店の人と話し込めば、お茶も出てきます。

後は様々な器が楽しめること。
見て回るだけでも楽しいです。

面白かった〜。

また帰省の折には行きたい場所のひとつです。
[PR]
by kanoie | 2011-05-15 14:27 | 買い物

佐世保・宇久島 帰省旅

今年のGWは2日と6日に休みをもらい、
9日間の長期休暇!

佐世保へ帰省してまいりました。

あっという間の楽しい帰省でしたが、
今回の目玉はなんと行っても宇久島旅行。

お義兄さん宅にお邪魔してきました!

e0207505_14261720.jpg


島の最高峰「城ヶ岳」からの眺望。
この日は曇天にくわえ黄砂がひどく、景色がかすんでいてちょっとがっかり。。

ですが、ですが、
海は奇麗だし、人は少ないし、自然はいっぱいだし、
島サイコー!

まだまだ気温が低く、
海に入れなかったのが残念でしたが、
今度行った時は是非海で遊んでみたいです!!


e0207505_14394960.jpg写真は上から
・対馬瀬灯台の案内看板
・スゲ浜海岸の打ち寄せる波
・民宿「恵荘」
・「恵荘」の駐車場

対馬瀬灯台は某携帯電話会社の
CMにも使われたほどの
島を代表するロケーション。

海をバックに草原に立つ白い灯台は
まさに「絵になる」風景です。

スゲ浜海岸の南国を思わせる白浜と
エメラルドグリーンの海にため息。

飛び込みたい衝動をぐっと抑え、
砂遊びに興じました。
波の音が心地いい〜。

泊まった民宿「恵荘」はなんと普通の一軒家。。

今回は他のお客さんもいないということで、
夫婦二人で貸し切りです。

施錠もなく、宿の人の見回りもなし。
どこまでも大らかなスタイルに戸惑いながらも
島民気分でリラックス。

島全体に流れる長閑な空気が、
セカセカした都会暮らしの疲れを癒してくれます。

町を走るのは軽自動車ばかり、
信号は島内に一つだけ、
畑には野生のキジがときおり現れ、
BGMは動物の鳴き声や風に揺らぐ草の音。

なんというスローライフ。

住んでみないと分からない
不都合もいろいろあるだろうけれど、
どうしても憧れてしまう生活が
ここにはありますねぇ。。



夜はお義兄さん宅ですんごい御馳走をいただきました!

その日の漁で獲れたばかりの新鮮、高級な魚たち!!

イッサキ(佐世保ではイサキのことをこう呼びます)
ヤズ(小さいハマチ)
ミズイカ

魚を捌くはお義兄さん。
玄関外の階段で慣れた手つきで繊細かつ豪快に!

で、出来た刺身がこちら!!

どどど〜ん!


e0207505_1516626.jpg



イッサキのお造り!
刺身と炙り!
どうですか、この豪華さ、身の美しさ!
盛りつけもさすがです!!

イッサキの目は黒々としてまさに新鮮そのもの。

味は言うまでもなく絶品!!
唸り声が自然ともれ出ます。。

幸せ〜。

その他にも
イッサキの塩焼き、
ヤズ、ミズイカの刺身、
ヤズのアラ煮
などなど美味しい魚をいただきまくりました。

漁で疲れた身体で
いろいろともてなしてくれたお義兄さんに感謝・感謝です。

こんな感じで贅沢すぎる島の二日間を過ごし、
存分にGWを満喫しすることが出来ました。

お義兄さん家の皆さま
本当にお世話になりました〜〜〜〜!

また行きます。。
どうぞヨロシク。

e0207505_1715263.jpg
[PR]
by kanoie | 2011-05-10 17:02 | おでかけ


夫婦+1匹の日々のいろいろを綴る


by kanoie

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
ごはん
うさぎ
おでかけ
お店
お酒
遊び
ドラマ、映画
買い物
食事会
オススメ
自転車散歩
手作りレシピ
フェス
アジアツアー
デザート
佐世保ライフ
道具

以前の記事

2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

フォロー中のブログ

まさかり半島日記
butakoの2年間の休...
ばーさんがじーさんに作る食卓
森の暮らし  たいまぐら便り
biwamap
SyuRoの素朴なコト
キッチン・ファーマシー
Coo chan BAGEL
鳥取民藝美術館・鳥取たく...
ちいさな島で暮らしています
谷中 松野屋日記

最新のコメント

ありがとうございます!!..
by kanoie at 08:53
おめでとうございます!!
by なかお at 09:13
>はっちさん よかでし..
by kanoie at 17:58
ヨカね~、ヨカね~。 ..
by はっち at 18:22
>はっちさん YES!..
by kanoie at 20:54
おめでとう!! 元気に..
by なかお at 20:22
ゆうと同級生か!!
by はっち at 16:01
>ハッチさん 本当に宇..
by kanoie at 22:28
旨そうに調理されて、魚も..
by ハッチ at 13:39
>なかおさん ぜひぜひ..
by kanoie at 00:57

検索

その他のジャンル

ninja

最新の記事

野菜万歳
at 2012-07-22 15:59
いろんなことがありました。
at 2012-05-07 23:26
生まれました!
at 2012-03-21 00:58
手につかない日々
at 2012-03-16 08:35
池袋「中国家庭料理 楊 3号..
at 2012-03-01 01:20

画像一覧