佐世保の甘夏みかんと手作りジャムの作り方

e0207505_1018861.jpg


佐世保で収穫してきた甘夏みかんです。
先日購入したばかりのイッタラのボウルで涼やかに。

果汁たっぷり、甘酸っぱくてとてもおいしい。
適度な苦みがまた格別。

沢山収穫できたので
そのうちの数個を送っていただきました。
数個と言ってもその数20個。

全部消費するには時間がかかりそうなので、
奥さんにお願いして保存食化。

第一弾は甘夏ジャムです。

e0207505_113438.jpg


写真は煮沸消毒後の粗熱をとっている
瓶詰めの自家製ジャムの図。

作り方はいろいろネットを参考にしたそうです。
今回のレシピはこちら!

〈材料〉
甘夏(今回は3個)
砂糖 甘夏の重量の60〜70%(今回は500gくらい)
水 適当(今回は300ccくらい)

(1)
甘夏は表面をタワシできれいに洗い、
ワックスぬってあった場合はお湯をかけて落とします。
甘夏の皮は千切りに。実は袋から取り出します。

(2)
千切りにした皮をボウルに水をはってジャブジャブと洗います。水を替えて3〜4回程。
洗い1回目に油が浮くのは柑橘類そのものから出る油とのこと。
いわゆるフルーツワックスというやつですね。

洗ってるうちに、皮の内側と白い部分が透き通ってきます。
そのままでも食べれる苦みかな、というくらいを目安に洗うと良いとのこと。

(3)
洗い終わった皮と、剥いた実を鍋に入れ、
実に皮をこすりつけるようにモミモミして1時間ほどおいておきます。
鍋は酸に強いホウロウかステンレスがベスト。

(4)
水をひたひたまで注いで中火で煮ます。
沸騰したらアクを取りながら弱火で。
皮が柔らかくなるまで煮たら、
砂糖投入。

木ベラでさっくりと混ぜながら、煮ていきます。
好みの固さ、ゆるさになるまで煮たら出来上がり!
(冷えると固くなるのであまり煮詰めすぎないほうがいいようです。)


ラベルを作れば売り物みたいになりそうです。

ヨーグルトに入れて食べてみましたが、
優しい甘さでとっても美味しい。
奥さん、ありがとう!

近々、甘夏タルトも作って頂けるようです。

たのしみ〜。
[PR]
by kanoie | 2011-05-21 12:18 | ごはん


夫婦+1匹の日々のいろいろを綴る


by kanoie

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
ごはん
うさぎ
おでかけ
お店
お酒
遊び
ドラマ、映画
買い物
食事会
オススメ
自転車散歩
手作りレシピ
フェス
アジアツアー
デザート
佐世保ライフ
道具

以前の記事

2012年 07月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

フォロー中のブログ

まさかり半島日記
butakoの2年間の休...
ばーさんがじーさんに作る食卓
森の暮らし  たいまぐら便り
biwamap
SyuRoの素朴なコト
キッチン・ファーマシー
Coo chan BAGEL
鳥取民藝美術館・鳥取たく...
ちいさな島で暮らしています
谷中 松野屋日記

検索

その他のジャンル

ninja

最新の記事

野菜万歳
at 2012-07-22 15:59
いろんなことがありました。
at 2012-05-07 23:26
生まれました!
at 2012-03-21 00:58
手につかない日々
at 2012-03-16 08:35
池袋「中国家庭料理 楊 3号..
at 2012-03-01 01:20

画像一覧